転職

あなたはどっち向き?大企業とベンチャーの比較

就職・転職をする際に「大企業とベンチャーのどちらにするか」

で悩んでいる方が自分の周りにたくさんいらっしゃったので、

自身の経験も踏まえつつ、大企業とベンチャーで働くことを比較してみました。

 

待遇面は大企業

大企業に勤めることのメリットは、やはり待遇面等の充実度合いです。

今後は年功序列を前提として終身雇用制度が崩れ、大企業も安定ではないといった声も聞かれますが、

やはりベンチャー企業と比較すると、大企業の待遇は素晴らしいです。

毎月の給与に加え高額なボーナスも安定してもらえるので、

金銭的には非常に恵まれた生活を送ることができます。

また会社によっては社宅完備、家賃補助といった福利厚生を兼ね備えていたり、

有給休暇以外の特別休暇の付与や、社員向けの研修制度が用意されていたりもします。

上記のような理由から大企業の人気は依然として高く、優秀な人材が揃っているのが大企業の特徴です。

一方ベンチャー企業はというと、資金調達のステージやその会社の収益性にもよりますが、

基本的には大企業よりも賃金体系が整っておらず、条件面では見劣りしてしまうケースが多いです。

またベンチャー企業は資本力に乏しいため、業績によっては給与以外のボーナスの支給がなかったり、

福利厚生も十分に用意されていないケースが多いです。

長年に渡って利益を上げ続け、盤石な経営資本を蓄えている大企業とは違い、

歴史の浅いベンチャー企業はどうしても待遇面では大企業に見劣りしてしまうのが現状です。

 

裁量の大きさはベンチャー

待遇面では見劣りしてしまうベンチャー企業ですが、

大企業と比べ一人一人の裁量権が大きいところは魅力的です。

大企業の場合、一つのプロジェクトやサービスに携わる人数は多くなりますので、

必然的に個人の意見は通りづらくなってしまいますし、何をするにも時間がかかってしまいます。

また優秀な人材も十分に確保できている大企業では、

自分一人が頑張らなくても、会社としてプロジェクトやサービスが運営できる仕組みが整っていますので、

人によってはなかなか責任ある仕事を任せてもらえず、成長のスピードが遅れてしまう場合があります。

一方ベンチャーの場合人員は限られていますので、

一つのプロジェクトやサービスに割ける人数も大企業と比べると少ない傾向にあります。

人数が少ない分一人一人の仕事の負担は増しますが、

その分自分の意見を通すこともできますし、

自分がいないとプロジェクトやサービスが回らないというプレッシャーの中で働くことで、

いち早く経験を積み、ビジネスマンとして成長していくことができます。
スポンサードリンク



 

どちらが良いかは、どんな仕事をしたいかによる

ここまで大企業とベンチャーで働くことのメリットをそれぞれ述べましたが、

どちらが良いのかはその人がどんな仕事をしたいのかによって変わります。

例えば「世界を動かすような規模の大きな仕事」を行いたいのであれば、

組織の規模も大きい大企業に入社するべきでしょう。

もちろんベンチャーの中にも規模の大きなプロジェクトやサービスを扱っている企業はありますが、

信用と実績を積み重ねてきた大企業だからこそできる仕事というのも数多く存在します。

その為規模の大きな仕事に携わりたいのであれば、そういった仕事の集まる大企業に入社するのが一番ですし、

規模の大きな仕事をこなすことに長けた先輩社員から学ぶのが一番の近道でしょう。

一方将来的に起業を考えていたり、若いうちから責任ある仕事を任されたいのであれば、

経営者との距離が近いベンチャー企業に入社するべきでしょう。

ベンチャー企業の場合社員数は数十名~数百名程度であることが多く、

その人の能力次第にはなりますが、比較的若手のうちから仕事を任せてもらうことができ、

経営陣ともより近い距離感で仕事を任せてもらうことができます。

特にIT系のベンチャー企業では、社員の平均年齢が若いこともあり、

若手にも責任と権限を積極的に与えていく傾向にあります。

大企業では20代のうちはまだまだひよっことしてみられますが、

IT系のベンチャーでは20代でマネージャー、部長、なんて人も珍しくありませんので、

いち早く成長したいという人にはベンチャー企業がオススメです。

 

ベンチャーに入れば成長できるは間違え

最後に一つベンチャー企業を志す方への注意点ですが、

ベンチャーに入りさえすれば成長できると考えている人は

実はベンチャーに向いていません。

ベンチャー企業には上で述べたように裁量権がありますが、

それには「教えてくれるのを待つのではなく、自分で考えて行動しろ」

というメッセージが含まれています。

大企業であれば十分な研修時間が確保されていたり、

先輩社員からの教育制度も整っていることも多いですが、

ベンチャーは人手不足な分、教育に時間をかけるほど余裕がありません。

その為、「誰かに教えてもらうことで成長する」という待ちのスタンスの人が入っても、

誰からも相手にしてもらえず、すぐに退職してしまうというケースがあります。

もしベンチャーに入社することで得られる裁量権によってい自分自身の成長に繋げたいという方は

自分自身の成長を自分自身で作っていくという能動的なスタンスを忘れないようにしましょう。

 

あなたはどっち向き?大企業とベンチャーの比較はいかがでしたでしょうか?

自分がどんな仕事をしたいのか今一度真剣に考えて、後悔のない就職・転職を目指しましょう!
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 転職

    現役転職エージェント推薦!転職を検討する際に使えるオススメWEBサービス

    転職を検討中のみなさん 転職で絶対に失敗したくない 良…

  2. 転職

    転職先ですぐに活躍できる人の特徴

    会社を見渡すと、転職して間もないのに、新しい職場ですぐに活躍さ…

  3. 転職

    今の会社を辞めていい時・ダメな時

    日々の生活の中で、「今の会社を辞めたい」と思う方は多くいらっしゃると思…

  4. 転職

    信用し過ぎには要注意!エージェントを活用した転職の4つの注意点

    私たちの転職をサポートしてくれる転職エージェント。面倒な手続き…

スポンサードリンク
PAGE TOP