投資

今流行りのソーシャルレンディングであっという間に1万円儲けた話

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは

お金を借りたい人(借り手)と貸したい人(貸し手)を

オンライン上でマッチングさせるサービスのことで、

2010年代に登場した新しい資産運用の形態として人気を集めています。

(「maneo」より)

設立から間もない等、様々な理由で銀行からは融資を受けられない企業が応募し、

サービス運営側の会社が審査を行い、審査に通過した案件が募集対象となります。

このソーシャルレンディング、何と言っても特徴なのが、運用利回りの高さ。

扱われている案件の多くは5%~8%程度の年利で運用されています。

私は業界最王手のソーシャルレンディング maneoに登録して、資金を運用してみることにしました。

利用開始まのステップは①開設申請②本人確認③本人確認キー入力

の3ステップとなっており、全てオンライン上で簡単に行うことができます。

口座開設が完了し、入金が完了したらいよいよ案件選びです。
スポンサードリンク


投資案件を選ぶ

続いて案件選びです。

maneoのトップページには案件の一覧がずらりと並んでおり、

それぞれの案件の運用利回りや募集状況などが記載されています。

気になったローンファンドを選択すると、

リスク説明などを含めた詳細な情報を見ることができます。

左の枠内に投資金額を入力すると、

自動的に税引後収益を計算してくれるのが嬉しいですね。

そして今回私が選択したのは、

「不動産担保付きローンファンド525号(案件1:C社、案件2:AN社)」という案件。

担保物件の評価額(約10億3,000万円)が募集金額(8億2,400万円)を大きく上回っていた為、

安全性が比較的高そうだと感じました。

また一番下に記載している「※期限前返済の可能性が高い案件です。」という一言に魅力を感じ、

募集状況の進捗も早かった為、思い切って100万円投資してみることにしました。

2017年3月28日の午前10:00頃に投資した本案件ですが、

二時間半後にはめでたくローンファンド成立の連絡がありました。

 

2ヶ月後に繰上返済

さて投資結果はどうだったかというと、すこぶる順調でした。

投資から約2ヶ月後の5月26日、maneoから一通のメールが届きました。

なんと2ヶ月目にして、繰上返済の申出があったのです!

リンクを覗いてみると、、、

ぬおー!!これがまさに不労所得というやつ。

2ヶ月間預けていただけで1万円増えてお金が手元に戻ってきました。

一年間はお金を引き出せないと考えていた私にとって、思わぬ朗報でした。

 

ミドルリスク・ミドルリターンの投資法

2ヶ月で元本を含めて返済を受けれた自分はラッキーでしたが、

過去の融資案件においては遅滞などが発生してしまっているケースも存在します。

その為あくまで投資を行う際はあくまでも余剰資金を元手に行うことをオススメします。

 

「今流行りのソーシャルレンディングであっという間に1万円儲けた話」はいかがでしたか?

銀行にお金を眠らせているお金をお持ちの方は、是非挑戦してみてくださいね!
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 投資

    株式投資だけじゃない!初心者向け簡単投資法

    先日初心者向けに株取引で利益を上げる方法をご紹介しましたが、…

スポンサードリンク
PAGE TOP