転職

今の会社を辞めていい時・ダメな時

日々の生活の中で、「今の会社を辞めたい」と思う方は多くいらっしゃると思います。

そんな中、全ての人が実際に会社を辞めて幸せになれるとも限りません。

せっかく転職活動に成功しても「これなら転職しなければ良かった」と後悔してしまわぬよう、

自分が会社を辞めても良いのか、辞めるべきではないのかを見極めてから転職することが重要です。

今回は著者の主観で転職して良いタイミングとそうでないタイミングについてまとめました。

 

1.「お金」が理由の場合

生活していく上で欠かすことのできない要素「お金」。

今の給料よりたくさんお金が欲しいと思うことは自然なことですが、

給料を上げたいという理由だけで転職をするのはオススメしません。

実は科学的に証明されているのですが、人間はお金が理由でモチベーションが上がることはなく、

むしろお金の報酬があると分かることでやる気が下がり、生産性が落ちてしまうケースもあります。

もちろん他の理由で転職をしたいと考えており、転職により結果的に給料が上がるということであれば良いですが、

給料を上げようとするのであれば、一度今の会社で成果を上げることに集中してみましょう。

あなたが他に代わりのいない人材になれば、給与交渉をして給与を上げることもできますし、

ヘッドハンティングによる転職によって、結果的にたくさんのお金を得ることもできるようになります。

 

2.「人間関係」が理由の場合

仕事を辞める時の理由で常に上位にランクインする「人間関係」。

人間関係はどこの会社にいっても存在するものなので、

人間の尊厳を傷つけられたような場合を除き、転職はオススメしません。

もし人間関係に不満がある場合は、相手も不満に感じていることが多いので、

自分の日々の行動を見直し、自分ができることをできる限りやってみましょう。

その上でどうしても解消されない場合は、上司に相談して

担当業務を変更してもらう等、部署内での調整ができないか試みましょう。

また上司に相談しても問題が解決されない場合は、人事に異動の相談をする等して、

部署を変えることも含めて検討してみましょう。

ここまで行動すれば、大抵の場合人間関係が改善されます。

 

3.「仕事内容」が理由の場合

こちれも転職したいランキング上位に選ばれる「仕事内容」。

仕事内容を理由にした転職は、していい場合とそうでない場合が存在します。

まず自分の希望する仕事内容が社内に存在する場合は、

社内異動等で調整できるケースも存在する為、すぐの転職はオススメしません。

まずは自分に与えられている目の前の業務で成果を出し、会社に利益を与えてから、

自分の希望を聞き入れてもらいやすい状況を作っていきましょう。

また自分の希望する仕事内容が社内に存在しない場合ですが、

一度自分の携わりたい仕事内容を社内で新たに創ることことができないか調整してみましょう。

もし新規事業の応募制度等があれば、その制度を活用して新たなサービスを提案することもできますし、

やりたい仕事内容を創ることで会社にメリットを与えられることが伝われば、会社もNOとは言わないはずです。

それでもやはり自分の希望する仕事内容をできない場合は、転職することをオススメします。

自分の人生の中で多くの時間を使う仕事だからこそ、仕事内容は妥協せず、自分のやりたい仕事内容にこだわりましょう。

 

4.「労働時間」が理由の場合

自分のライフスタイルにも影響を与えてしまう「労働時間」。

労働時間については昨今の残業規制で各社改善されている傾向なので、

すぐに転職による解決を図るのではなく、一度上司や会社に改善をはたらきかけてみましょう。

自身のキャパシティ以上の仕事を依頼されているケースに関しては、

一度業務量を調整するよう上司に相談してみることをオススメします。

また自身の業務を見直してみて、効率化することができないのか

今一度見直してみることで、労働時間を削減することも可能です。

それでも労働時間が改善されない場合は、

その労働時間が「時期要因」によるものなのか、「定常的」なものなのかを判断しましょう。

例えば、期末の繁忙期といった一時的な要因で労働時間が伸びてしまう場合、

ある程度の残業は仕方がないと割り切るのも一つの考え方です。

一方労働時間が「定常的」なものの場合は、長く務めることで健康を害する恐れもありますので、

労働時間の短い会社に転職を検討してみるのも一つの選択肢です。

スポンサードリンク


 

5.「社風」が理由の場合

会社の持っている雰囲気「社風」。

社風は自分の働きかけ一つで変えることが困難なので、

一年以上勤めても違和感を感じてしまう場合は、転職をオススメします。

人間誰しも新しい環境に馴染むにはそれなりに時間を要すものです。

特に新卒で入社する会社や、初めての転職で入社する会社の場合、

社会人経験が浅いことにより、すぐに新しい会社の社風に馴染めないケースは多いです。

最初のうちは馴染むことができなくても、働くことで知り合いも増え、

不思議と新しい環境に慣れていくものなので、一定期間は続けてみましょう。

もし一年以上勤めても社風に馴染めない場合、また自分の精神状態が極度に追い詰められるほど馴染めない場合、

より自分に合った社風の企業を探し、転職活動をしましょう。

あなたの心身の健康は何物にも変え難いので、次の職場が決まってない場合での退職でも問題ありません。

 

6.評価が理由の場合

給与・待遇に大きな影響を与える「評価」。

評価を上げたい場合、すぐに転職を決断してしまうのではなく、

一度上司や評価担当者と評価についてきちんと話しあう場を設けることをオススメします。

自身の評価がどのように決められていて、どうしてそのような給料なのか理由を把握し、

次の人事評価で評価上げる為にはどのような対策を行えばいいのか確認しましょう。

また人事の求める基準を達成したにも関わらず、会社の業績などを理由に評価を上げられないような場合には

成長している業界・企業への転職を目指しましょう。

私たちは一人一人がプロのビシネスパーソンですので、

自身を高く評価してくれる会社で働いた方が結果幸せになります。

7.ただただ、働きたくない場合

ただただ働きたくない場合は、あなたの精神状態が弱っている可能性が高いので、

ひとまず今の会社に事情を説明して、一週間以上のお休みをもらうようにしましょう。

人間不思議なもので、忙しく働いていると見えないストレスを蓄積してしまい、

気づいた時には精神的に落ち込んでしまっているケースもたくさんあります。

そんな時は仕事のことを忘れてしっかりと休養をとって、

また仕事への英気を養うことが大切です。

もし休養を取ったにも関わらず、仕事に行きたいくないと感じる場合は、

そのまま会社を退職してしまうというのも一つの考え方です。

無理して働くことで、更に厳しい精神状態になってしまう時は、

貯金を切り崩したり、バイトをしながらでも生活していくことはできます。

あまり思い詰めることなく、たくさんの選択肢を持ち、精神的に余裕なを保ちましょう。

 

今の会社を辞めていい時・ダメな時はいかがでしたか?

自分が会社を辞めたい理由を洗い出し、冷静に対処することで後悔のない選択ができますので、

皆様も是非参考にしてみてください。
スポンサードリンク



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 転職

    信用し過ぎには要注意!エージェントを活用した転職の4つの注意点

    私たちの転職をサポートしてくれる転職エージェント。面倒な手続き…

  2. 転職

    あなたはどっち向き?大企業とベンチャーの比較

    就職・転職をする際に「大企業とベンチャーのどちらにするか」で悩…

  3. 転職

    現役転職エージェント推薦!転職を検討する際に使えるオススメWEBサービス

    転職を検討中のみなさん 転職で絶対に失敗したくない 良…

  4. 転職

    転職先ですぐに活躍できる人の特徴

    会社を見渡すと、転職して間もないのに、新しい職場ですぐに活躍さ…

スポンサードリンク
PAGE TOP