時事ネタ

【考察】キンコン西野CIO退任に見る、新時代の働き方

スポンサードリンク



キングコング西野さんが就任から3日でエボラブルアジアのCIOを辞任したことが話題を呼んでいます。

辞任した経緯については西野さんのブログに具体的に記載されていますが、

要約すると、

・エボラブルアジア(ベトナム)からCIO就任の打診があった

・西野さんは無償でオファーを引き受けた

・エボラブルアジア(日本)の社外監査役である森田氏が「西野さんを監査するのが大変」といった趣旨を発言

・オファーされた側の自分に対し上から目線の発言を繰り返す森田氏に激怒し、CIOを辞任

といった流れになっています。

 

現在は森田氏からも謝罪があり、西野さんも大人気なかったと謝罪したことで本件は一段落していますが、

この大人気ない対応こそが西野さんに人気・人望の集まる理由なのではないかと感じました。

西野さんは本日09:31に更新したブログで、

自身が来月発売する『革命のファンファーレ』から以下の文章を引用しています。
スポンサードリンク


 

信用の勝ち取り方

 

信用の勝ち取り方については「料理をふるまう」「ボランティアに励む」などなど、いろいろあるのかもしれないけれど、他人の話をしたってしょうがないので、”僕の”信用の勝ち取り方について語ることにする。『好感度』ではなく『信用』の勝ち取り方だ。『認知』ではなく、『人気』の勝ち取り方だ。

適当に参考にしてくださいな。

 

タレントとして信用を勝ち取る為に、まずは「噓をつかない」ということを徹底した。

仕事だからといって、マズイ飯を「美味い」とは言わない。

それが、「美味い」と言わなければいけない現場だとしたら、そもそも、そんな仕事を受けない。

昔、グルメ番組に出演した時に、釣りたての魚を漁師さんが船上でさばいてくださって、他のタレントは「新鮮で美味し~い」と食べていたが、シンプルにマズかった。あと、まな板が汚かった。やっぱり魚は1~2日置いた方が美味しい。

 

ただ、タレントは、この場面で「マズイ」とは言えない。

言ったところでカットだ。

テレビに出るからには「新鮮で美味し~い」と言わなければならないのだが、その頃、ツイッターのタイムラインには「あれは噓だよ。魚は1~2日置いた方が美味しいよ」というコメントが流れている。テレビに出演しながら、一方で、そのタイムラインを見た人達からの信用を失っているのだ。

タレントは噓をつかざるをえない環境に身を投じ、信用を失ってしまうわけだ

噓は「感情」でつくのではない。僕らは「環境」によって噓をつかされる。

以上の理由から、僕は、噓をつかざるをえない環境にあるグルメ番組のオファーは全てお断りするようにした。

「美味い」という言葉を避けて、上手に食レポをする能力があれば話は別だが、僕にはそんな能力はないので、グルメ番組は全てお断り。

 

上記の引用からもわかる通り、西野さんは自分に嘘をつかない生き方に徹しています。

今回のエボラブルアジアとの一件もやりたくない仕事という理由で辞任されていますし、

美味しい物は美味しい、美味しくない物は美味しくないと、

自身の損得に関わらずありのままの感情を発信されています。

このような仕事のスタンスの西野さんに対して、

「大人気ない」「空気を読め」「もっと我慢しろ」

といった具合に批判する人がいるのも事実でしょう。

しかし、やりたくない仕事を無理くりこなしたり、偽りの感情を発信したりすることは、

さらにやりたくない仕事を引き寄せることに繋がり、

長期的に見ると自身の幸福度を下げる働き方に繋がってしまいます。

 

一方西野さんは自分に嘘をつかず、正直なスタンスで発言することによって、

「この人は歯に衣着せぬ発言をするけれど、自分のありのままの感情を伝えてくれる人」

というブランディングを確立してきています。

そのスタンスに対して賛同し、ファンとなっている方がたくさんいることもまた事実でしょう。

事実西野さんはエボラブルアジアの辞任を申し出た後、

その他4社からCIO就任の要請を受けているようです。

 

「類は共を呼ぶ」ということわざもありますが、

このように自分の嫌な仕事は受けず(嫌いな人を遠ざける)、

自分の思った通りに発言する(自分の好きな人を近づける)ことで、

自分の好きな仕事、自分を好きになってくれる人だけが自分に近づいてきて、

その人自身が幸せに働ける環境が整っていくのではないかと感じました。

 

【考察】キンコン西野CIO退任に見る、新時代の働き方はいかがでしたか?

自分が嫌な仕事を続けていると感じる方は、「仕事を断る勇気」を持ってみることも大切かもしれませんね!

来月発売キングコング西野さんの新著はこちら


スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 今の会社を辞めていい時・ダメな時
  2. 読むと力が湧いてくる『多動力』
  3. 【就活生向け】就活を効率的に乗り切る為の5つの秘訣
  4. 【考察】キンコン西野CIO退任に見る、新時代の働き方
  5. 2017年度池袋ラーメン総選挙『神7』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP