ダイエット

1年で無理なく10kg痩せられた食生活

スポンサードリンク



昨年の健康診断で自己最高体重(68.9)となってしまい、

中性脂肪やコレステロール等でもいくつかきになる数値が出てきたことをきっかけに

今年に入ってから体型を維持する為に徹底した食生活の見直しを行いました。

その結果今年7月に行われた健康診断では体重約マイナス10kgとなる59.0kgを記録し、

その他の項目も全て「A」という見事なV字回復を果たすことができたので、

私がこの半年間行ってきたことをご紹介すると共に、

効果があったと思われる習慣についてお話しさせていただきます。

 

朝食を酵素ドリンクに変更した

恐らく私が実施した生活習慣の見直しで最も効果があったと思われる習慣は、

朝食を酵素ドリンク(20ml)と野菜ジュース(缶1本)に変更したことです。

これまでは一般常識として「三食きちんと食べる」ことこそが健康だと考えられていましたが、

実はこの現代人の常識は、医療的な側面から見ると大きな間違えだと言われています。

というのも本来24時間のなかでの人体の生理リズムは、

(1)正午から午後8時までは「栄養補給と消化」の時間

(2)午後8時から午前4時までが「吸収と代謝」

(3)残りの午前4時から正午までを「排泄」の時間

という3つに分けられており、このリズムを守ることこそが健康に繋がると言われているのです。

体は、夜中から朝にかけて吸収と代謝を行っており、眠っている間にも健康な体がつくられています。

朝は胃や腸を活動させ、吸収できなかった余分なものを便や尿などの老廃物として排泄させます。

そんな状態の体に、しっかり噛むことすらしない朝ごはんが入ってきたら、消化活動を活発に行わなくてはなりません。

しかし酵素や胃腸もまだ完全に目覚めきっていない状態なので100%の力を発揮できずに、消化不良を起こす原因となります。

また、朝食を摂ることで血糖値の乱高下が起こり、さらなる空腹感で昼も夜も食べすぎてしまうことにもなります。

つまり、「朝食を摂ると酵素不足を招き、不健康な体に一直線。健康になりたいなら1日2食を基本とし、朝は水だけで十分だ」ということなのです。

しかし、朝何も食べずに12時頃まで過ごすのは少々キツイので、

体脂肪を燃焼させる効果のある酵素ドリンクで栄養を補給し、お腹を満たすようにしています。

■オススメの酵素ドリンク(保存料不使用 人工甘味料不使用 着色料不使用)

この習慣を始めただけで最初の10日間で3kgもの体重を落とすことができました。

 

食事は低GIの食べ物中心に変更した

次に着手したのは炭水化物を低GIの食べ物に変更することです。

GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。つまり、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までに血液中に入る糖質の量を計ったものです。

GI値が70以上を高GI値、56~69を中GI値、55以下を低GI値と区別する為、GI値が55以下の食品を選んで食べました。

具体的には日本蕎麦、五穀米、玄米を主食として食べるようにして、

おやつにはSOYJOYのアーモンド&チョコレート味を選ぶようにしました。

糖質を全く摂らない糖質カットダイエットとは異なり、主食も口にすることができるので、

抵抗なく始めることのできる変更でした。

オススメするのは食べる量自体を無理して減らそうとするのではなく、

低GIの中で自分の好きな食べ物を見つけ、その食べ物に限定して量を我慢せず食べることです。

私もしばらくは日本蕎麦ばかり食べていましたが、

元々蕎麦好きだったことと、薬味を変えることで味を変えるなどして、

飽きることなく食生活を変えることができました。
スポンサードリンク



 

野菜から食べるようにした

野菜→おかず→ご飯の順番で食べるようにすることで、

血糖値の上昇を抑えるように工夫しました。

この方法はどなたでもすぐに実践できるのでオススメです。

 

腸内フローラを整えるサプリを摂取した

食生活を変えることと一緒に実施したのが、腸内フローラを整えることです。

ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けています。これらは腸内細菌と呼ばれ、個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築しています。この微生物群集を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と呼んでいます。フローラ(Flora)は分類学の用語で植物群集を指しますが、かつては細菌が植物の中に分類されていたためです。また、ギリシア神話の花の女神をも意味しています。腸内細菌の数はおよそ100兆個、その種類は一人あたり数百種にのぼり、その構成は食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっています。

この腸内フローラは、ヒトに対して様々な生理作用を有しています。有用な作用として、病原菌の定着阻害、免疫系の活性化、ビタミンの産生などが挙げられ、有害な作用として、腐敗産物や発がん物質の産生、各種腸疾患へ関与が挙げられます。

このように、腸内フローラはヒトの健康と密接な関係があります。ヒトに有用な働きをする菌を優勢に、ヒトに有害な働きをする菌を劣勢に保つことが、私たちの健康管理の上で大切であると言えるでしょう。

要は腸内を健康な状態に保つことが血流をよくすることにつながり、

栄養素を体中に運ぶことで痩せやすい体質へと繋がっているのです。

ダイエット効果だけでなく健康にも繋がるので、積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

■オススメのサプリメント(保存料不使用 人工甘味料不使用 着色料不使用)

 

油・炭水化物・糖の吸収を抑えるサプリを摂取した

とはいえたまにはラーメンのような脂っこいものも食べたいので、

そんな食事をするときは、油・炭水化物・糖の吸収を抑えるサプリを摂取しました。

■オススメのサプリメント(保存料不使用 人工甘味料不使用 着色料不使用)

私のオススメ以外にもこういった類のサプリはありますが、

保存料不使用 人工甘味料不使用 着色料不使用」といった製品は限られているので、

迷われた方はこちらで問題ないかと思います。

 

1年で無理なく10kg痩せれた食生活はいかがでしたでしょうか?

些細なことの積み重ねが大きな変化をもたらすことになりますので、

皆さんも是非参考にしてみてください。

 

※参考ページ

http://suzie-news.jp/archives/10052

http://www.otsuka.co.jp/health_illness/gi/question1/

https://dietplus.jp/public/article/dietqa/20160606-327218

http://www.biofermin.co.jp/nyusankin/choflora/
スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 今の会社を辞めていい時・ダメな時
  2. 【考察】キンコン西野CIO退任に見る、新時代の働き方
  3. 英語嫌いの僕が8ヶ月でTOEIC900を取る為に行なったこと
  4. 読むと力が湧いてくる『多動力』
  5. 2017年度池袋ラーメン総選挙『神7』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP