就活

【就活生向け】やりたい仕事が見つからない?仕事を選ぶ5つの方法

就活生の悩みランキング上位を締めるのが、

「やりたい仕事が見つからない」というお悩みです。

仕事は多くの人にとって人生の中で最も多くの時間を使う活動なので、

どうせなら自分に合った仕事を就きたいものですよね?

今日はそんな悩める就活生のあなたに、

仕事の選ぶ5つの方法についてご紹介していこうと思います。

 

好きを仕事を選ぶ

まず最初にオススメするのが、好きなことを仕事にする方法です。

アップルの創業者として知られるSteve Jobs氏の名言に

The only way to do great work is to love what you do.

If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle.

という言葉がありますが、まさにその通りだと感じます。

好きなことが仕事になれば、毎日が幸せですよね?

また好きな仕事であれば、例え辛い時期があったとしても

その壁を乗り越え、頑張り続けていくことができます。

中には「私には好きなことなんてないよ。」と言われる方もいらっしゃいますが、

どんな方にも好きなことが一つくらいはあるものなので、

是非一度紙に書き出して、仕事に繋げられるものがないか考えてみましょう。

 

得意な仕事を選ぶ

天職を見つける次の方法は、

得意なことをそのまま仕事にしてしまうという方法です。

仕事をする中で一番辛いのは成果を出せず、周りに迷惑をかけることです。

人間誰しも多少なりとも得意・不得意がありますから、

不得意なことで成果を出せないことは致し方ないと思いますが、

会社はあなたに給料を払っている以上、成果を要求し続けます。

その為、一旦自分が好きか否かはおいておき、

先に得意な仕事で成果を残して会社に認めてもらうという考え方もあります。

成果を出した人間は異動の希望なども聞いてもらいやすいので、

得意なことを最優先して仕事選びする方法は

自身のキャリア形成を有利に進める上でも有益な考え方の一つです。

 

一人で海外に旅行してみる

好きなこと、もしくは得意なことと割り切ることで

ほぼ確実に天職を見つけることができますが、

この方法でもどうしても仕事を選べないという方は

一度一人で海外に旅行してみることをオススメします。

一人で海外に行こうとすると、

どこの国に行くのか、何を観たいのか、どんなものを食べるのか

全て自分の頭で考え、意思決定しなくてはなりません。

その為、否が応でも自ら考え行動するという力が養われます。

この能力は仕事探しにおいても非常に重要な能力で、

自分で何かを決めるということに対する耐性が強くなっていきます。

また海外に行くことによって

日本では当たり前と考えられている価値観や常識が見事に覆されます。

その為帰国してからも脳みそが日本での常識を疑うようになり、

様々な課題意識が芽生えてくるようになり、

自然と自分がやりたいことが見つかるようになります。

社会人になるとなかなかゆっくり海外旅行に行ける機会も少なくなるので、

在学中に一度自分探しの一人海外旅行に出かけてみることをオススメします。

 

社会人に話を聞いてみる

仕事を選ぶ方法として、実際に社会人から話を聞いてみるという方法があります。

学生さんたちの中でよく誤解されていると感じるのが、

その仕事の実際の業務内容です。

例えば広告代理店の仕事の場合、

「キラキラしていて、クリエイティブな仕事ができそう」

と感じるかもしれませんが、

実際クリエイティブな業務というのはほんの一部で、

プレゼンに向けた資料作成や、クライアントとの関係性を維持する為の営業活動等、

一種泥臭い業務もこなしているのです。

こういった実際の現場の話を知るためには

その現場で働いている社会人の方に直接話を聞いてみるのが早いので、

知り合いのつてを伝ってたくさんの社会人と会ってみると良いでしょう。

最近ではMatcherのような社会人と出会えるマッチングサービスも存在するので、

積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

 

評価軸に基づいて選ぶ

最後の方法は評価軸で選ぶという方法です。

これまでご紹介して方法でも尚仕事を選ばないという方は

恐らく優柔不断な方が多いです。

そういった方は自分の中で評価軸を定め、その評価軸に沿い

ロジカルに決めてしまうという方法がオススメです。

例えば私の場合、

社会人経験を3年ほど積んだらすぐ起業したいという目標があったので、

 

・初任給が高い(即戦力として期待されている)

・平均年齢が若い(若手にもチャンスがある)

といった評価軸を設け、

常軌を実現できる仕事としてIT業界でのサービス作りを選びました。

このように自分が譲れないという軸を定めることによって、

自分が入りたくない仕事が候補から外れていき、

結果的に自分が就いても良いという仕事だけが残っていきます。

こういった方法でロジカルに仕事を選ぶというのも一つの考え方ですので、

皆さんも参考にしてみてください。

 

「やりたい仕事が見つからない?仕事を選ぶ5つの方法」はいかがでしたか?

新卒で入社できる会社は1社しかないので、

是非後悔のない仕事選び、企業選びを行なってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 就活

    【就活生向け】熱意が伝わる志望動機の作り方

    就職活動において、エントリーシートや面接で必ず問われる「志望動機」。…

  2. 就活

    【就活生向け】就活の面接で押えるべき5つのポイント

    就活で誰もが通る道、それが面接による選考です。短い時間でその人…

  3. 就活

    【就活生向け】就活を効率的に乗り切る為の5つの秘訣

    「大変なイメージだし、何から手を付けて良いのやらさっぱり分からない」と…

  4. 就活

    【就活生向け】ライバルに差をつける自己PRの作り方

    就職活動において、エントリーシートや面接で必ず問われるのがこの「自己P…

スポンサードリンク
PAGE TOP