働き方改革

部下のやる気がみるみる上がる!ディズニーに学ぶ後輩社員の育て方


読みました。

東京ディズニーランドはスタッフの約9割がアルバイトにも関わらず、

一人一人がリーダーシップを取って仕事に取り組んでおり、

その対応が高い顧客満足度を生み出す要因の一つとなっています。

そこで本日はディズニー流後輩社員の育て方について

いくつかピックアップしてご紹介していこうと思います。

 

ディズニーでは、熱意のある先輩が指導役に選抜される

ディズニーでは、たとえば、アトラクションでナレーションが上手だから、トレーナーになるというわけではありません。

トレーナーになるいちばんの条件は、教えるのが上手であること、そして何よりも、人を教える、育てることに喜びを見出していること、人を教え育てることに情熱・熱意を持っていることです。

こういう条件を備えたキャストをトレーナーとして育てていきます。

まず最初に印象的だったのがこちらのポイント。

実はディズニーの場合、トレーナーになったとしても、

直接的に昇給に結びつくことはないそうです。

つまりトレーナーになる人のモチベーションの源泉は金銭面ではなく、

人を教えることによって得られる喜びにあるのです。

こちらの記事でもご紹介しましたが、

一人一人のモチベーションの源泉を把握して、

適材適所で役割を振り分けるディズニーの人事制度は

ある意味では非常に合理的だと言えますね。

 

「見る」ことで、後輩に公平感・納得感を抱かせる

上司・先輩が見ること、後輩・部下が見られていると意識することは、後輩や部下の公平感・納得感につながります。

たとえば、人事効果などのとき、日頃よく見てくれている上司や先輩の言うことであれば、後輩や部下も、

「自分のことをよく見る先輩の判断だから、間違いないだろう」

「たしかに、そうだなあ」

と納得して受け入れることが多いものです。

こちらの記事でもご紹介しましたが、

後輩と信頼関係を築ける上司というのは、

後輩に対して公平感・納得感を与えることに長けていますよね。

ディズニーでは先輩が後輩を「堂々と見る」ことが徹底されており、

後輩が「自分という存在を認めてくれている」と感じることによって、

両者の信頼関係が構築されていくそうです。

意識して相手のことを見るというのは意外と難しいですが、

これが組織として仕組みかされているディズニーはさすがの一言です。
スポンサードリンク


思いやる気持ちを育てるためのルールをつくる

たとえば、ディズニーでは、

・明るく元気のいい挨拶

・相手の存在を認めるアイコンタクト

・職場全体を明るくする笑顔

の3つを守ることが求められます。

つまり、CS向上のために欠かせない行動指針(親しみのある礼儀正しさ)がそっくりそのままキャスト間にもあてはめられているのです。

つまり、ホスピタリティ・マインドと自主的行動が、職場内で日常的にトレーニングされているようなものです。

先ほどの後輩を堂々と見るという例もそうでしたが、

ディズニーではホスピタリティ・マインドと自主的行動を育てる為に、

様々なルールを設けています。

「お客さんに対して礼儀正しくしましょう」といった漠然としたルールではなく、

具体的かつ、行動レベルまでブレイクダウンされたルールを設けている点が

ディズニーの凄いところだと感じます。

もし皆さんの職場において部下が思うように動いてくれない時は、

このように具体的なルールを設けてみるのも一つの手段ではないでしょうか?

 

上司・先輩が職場の風土づくりのカギを握る

一つの職場の例をご紹介しましょう。

その職場では、いちばん最初の責任者が、トレーナーたちに、「このユニットをよくするには、どうしたらよいか」を自分たちで考えさせ、行動させたと言います。

トレーナーやキャストたちでできることは、できるだけ彼らに自主的に考え、行動するようにし向けたといいます。

この責任者の対応が、職場の風土をよくする大きなきっかけとなりました。

こちらは私の前職のリクルートと似ていますが、

ディズニーには後輩ができることに関しては徹底的に任せる、

本人達の意思を尊重させるという風土が根付いています。

先輩の立場からしても自分が指示を出した方が監督する必要が無く楽ですし、

後輩の立場からしても先輩からの指示を待っている方が楽でしょう。

しかしそれでは後輩の成長は無いということを分かっているので、

ディズニーではこうした風土が醸成されているのでしょう。

 

身近な上司・先輩こそ最適なサポート役

身近な先輩や上司は、後輩自身のことも、後輩が取り組んでいる仕事のこともよく理解しています。

ですから、後輩たちも教えられることがスムーズに頭に入ってきます。「この人のようになりたい」と言う気も起こります。

ディズニーのトレーナーのほとんどがアルバイトと言う理由のひとつは、そういうところにあります。

ディズニーでは高い目標や理想を掲げることによって

「目標倒れ」してしまう可能性をなくす為、

スモールステップ(実現可能な小さな目標)

部下に持たせることをモットーとしています。

同じアルバイトの先輩は身近な存在ですし、

少し頑張れば手の届きそうな存在でもありますよね。

本人の能力を考えて適切なゴール設定を行うという点も

ディズニーの優れたマネジメント手法の一つと言えるでしょう。

 

ディズニーに学ぶ後輩社員の育て方、はいかがでしたか?

後輩を指導する立場にある方々は、是非参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 働き方改革

    残業する奴が偉いはもう古い!サラリーマンが定時退社で得られる4つのメリット

    サラリーマンに深く根付く「残業」という文化。私は心の底から残業…

  2. 働き方改革

    元リクルートOBが語る!リクルートのすごいルール5選

    昨日公開したエントリーでもご紹介しましたが、今年の1月…

  3. 働き方改革

    リモートワークを始めて一ヶ月経った感想

    今年の8月から株式会社キャスターという会社で週3日業務委託として働いて…

  4. 働き方改革

    労働時間を削減する5つの方法

    昨今の残業規制により、多くのサラリーマンの残業時間が減少傾向にあります…

  5. 働き方改革

    フリーランスってぶっちゃけどうよ?フリーランスのメリットと向かない人

    今日でフリーランスになってからちょうど二ヶ月が経過しました。会…

スポンサードリンク
PAGE TOP