働き方改革

フリーランスってぶっちゃけどうよ?フリーランスのメリットと向かない人

今日でフリーランスになってからちょうど二ヶ月が経過しました。

会社員として働いていた時は

「フリーランスって一部の優秀なエンジニアの方の働き方でしょ?」と、

自分とは別世界の話としてフリーランスを捉えていました。

しかし独立することを決め、自分自身がフリーランスとなったことにより、

フリーランスという働き方の実態が見えてきました。

そこで本日は私のフリーランス生活をご紹介するとともに、

フリーランスとして働くことのメリット・デメリットについてご紹介しようと思います。

 

ストレスフリー

まず最初に私がフリーランスになった最大の理由でもあるこちら。

フリーランスになると、

仕事内容を全て自分の意思で決めることになります。

その為、自分の嫌な仕事・やりたくない仕事は断り、

自分の好きな仕事だけ引き受けるということができるようになります。

ここは会社員として勤めている時との大きな違いで、

会社員時代は例え嫌な仕事であろうと選り好みすることはできませんでしたが、

自分の好きなことだけに時間を使えるのは精神衛生上とても良いと感じています。

また一緒に働く人も自分の意思で決めることができるのが特徴で、

会社員時代であれば取引先に自分の苦手な人がいたとしても、

それが会社にとって上顧客であれば簡単に取引を止めることはできませんでした。

一方フリーランスの場合は、生活するのに困らないお金さえ稼げていれば、

相手との相性によって柔軟に取引先を変えていくこともできます。

フリーランスは自分で自分の働く環境を作ることができるという点で、

会社員よりもストレスフリーな働き方であることは間違えないでしょう。
スポンサードリンク


働く時間と場所が自由

次のメリットとして、働く時間と場所が自由ということが挙げられます。

フリーランスの中でも業種・契約形態によって働き方は様々ですが、

私が営業企画として契約させていただいている企業は

①週3勤務

②フレックス制度(勤務時間自由)

③完全リモートワーク(出社義務無し)

の為、働く時間・場所ともに自分で自由に決めることができます。

週3勤務に関しては、

私は火~木の三日間で仕事をしている(毎週末が四連休ですw)ので、

四日間の中で個人の事業を行なったり、

ふらっとどこかに旅行に出かけてみたりと、

充実した日常生活を送ることができるようになります。

会社員時代は「明日月曜日だ…」と憂鬱に感じることもありましたが、

毎週四連休の為、「そろそろ働きたい」と感じるようになります。

またフレックス制度に関しても非常にメリットに感じており、

二日酔いの時はお昼頃から仕事をする、

朝の目覚めの良い日は早朝から仕事して夕方には遊びに出かける等、

柔軟な働き方を実現することができますし、

例えばちょっとお昼抜けて用事を済ませたい時なども

いちいち有給を使うことなく時間を有効活用することができます。

またリモートワークに関しては特にメリットに感じていて、

雨の日や気候が異常な日であっても、

家の中で快適に仕事をすることができますし、

無駄な通勤時間に自分の時間を取られることもありません。

※リモートワークに関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

こういった柔軟な働き方を実現できるのも

フリーランスの特権の一つだと感じています。

 

仕事のモチベーションがめちゃめちゃ上がる

こちらもフリーランスとして活動することのメリット。

フリーランスは自分が事業の主体者となるので、

自分の頑張り次第で収入をいくらでも上げていくことができます。

その為、仕事に取り組む姿勢だったりモチベーションというのが

会社員時代と比較して飛躍的に向上しているのを感じます。

会社員時代も、成果を残せば給料は上がりましたが、

その昇給額は残した成果と比較すると微々たるものです。

この傾向は雇用規制のある日本企業に顕著ですが、

成果を残した人の利益で、成果を残していない人も賄うという

働きアリの法則がある以上仕方のないことなのです。

(※その代わり、自分が成果を出せなかった時も安定した給与をいただけますが。)

金銭面においても高いモチベーションで仕事に取り組むことができるのも

フリーランスのメリットだと感じています。

 

デメリットはないの?

ここまでフリーランスになることのメリットばかり述べてきて、

「デメリットはないの?」と気になっている方もいらっしゃると思いますが、

私が感じている大きなデメリットというのは今のところありません。

確かに確定申告を自分で行わなくてはいけなかったり、

社会保険やボーナスが完備されていなかったりと、

会社員時代と比較して不便になった部分もありますが、

それはこれまで述べたメリットに比べるとあまりにも小さく、

取るに足らない部分だと感じています。

一方このように考えるのは私の性格的な部分も影響していると思うので、

・家族や多額のローンを抱えていて、安定した収入が必要な人

・自分一人で物事を決めていくのが苦手な人

・世間体や周りの目を気にする人

に関してはフリーランスが向かないとも感じています。

いずれにしろ私個人としてはフリーランス推奨派なので、

興味のある方は一つの選択肢として考えてみることを強くオススメいたします。

 

「フリーランスってぶっちゃけどうよ?」はいかがでしたか?

最近ではフリーランス向けの求人サイトも増えてきましたので、

是非この機会に新しい働き方を検討してみてくださいね!
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 働き方改革

    労働時間を削減する5つの方法

    昨今の残業規制により、多くのサラリーマンの残業時間が減少傾向にあります…

  2. 働き方改革

    部下のやる気がみるみる上がる!ディズニーに学ぶ後輩社員の育て方

    読みました。東京ディズニーランドはスタッフの約9割がアルバ…

  3. 働き方改革

    残業する奴が偉いはもう古い!サラリーマンが定時退社で得られる4つのメリット

    サラリーマンに深く根付く「残業」という文化。私は心の底から残業…

  4. 働き方改革

    元リクルートOBが語る!リクルートのすごいルール5選

    昨日公開したエントリーでもご紹介しましたが、今年の1月…

  5. 働き方改革

    リモートワークを始めて一ヶ月経った感想

    今年の8月から株式会社キャスターという会社で週3日業務委託として働いて…

スポンサードリンク
PAGE TOP